無理していませんか?がんばりすぎが引き起こす体調不良とは!?

様々なきっかけで心身症を発症したときに病院で「運動をできるだけしましょう」とアドバイスされた人も多いのではないでしょうか?心が疲れているのに運動なんてできるわけないと思ってしまいますが、なぜ運動をする事が心身症と関係あるのでしょうか?

まず運動には様々な種類がありますが、その目的によって運動を分けるのをオススメします。

たとえば社会不安症の人には行動療法として集団でできるバレーやバスケットボールなどの運動によって集団行動に慣れるという目的もあるでしょう。

その他にも1対1でできるバドミントンやテニスなども身体を動かすのと社交性を養う上で非常に効果的です。

それ以外にも有酸素運動は副交感神経を刺激するのでストレス解消に非常に効果的といわれています。例えばジョギングやウォーキングなどの軽く汗をかくような運動のほか、楽しく身体を動かすためにはエアロビクスもオススメです。

エアロビクスはフィットネスクラブのレッスンで50分程度音楽に合わせて身体を動かし、またダンスをできるようになると自信にもつながるので非常に効果的です。

筋肉トレーニングよりも有酸素運動や他人と一緒にできる運動をする事が求められるのですね。しかし時間がなくてそんな余裕がないという人には縄跳びがオススメです。

縄跳びは1日5分から10分でも非常に息が上がるほど激しい運度であり、また自宅の前でも手軽にできるので縄跳びを勧められることもよくあります。

これらの運動により身体を動かして身体に疲労感を与えることで、良質な睡眠を得る事につながるのです。

睡眠などのリラックスしている時間にも副交感神経は活動するので血管が広がり、筋肉の緊張をほぐして身体を休めることが出来るのです。この睡眠をより良質にするためにも運動を医師が勧めるのです。

その他にもストレスに効く食べ物としてカルシウムがあげられます。このカルシウムにいは神経を沈静化させる作用もあるので、健康な身体を作るのと同時に心を落ち着けるためにも効果的です。

またビタミンCがストレスによる肌荒れや粘膜の荒れを予防するので、ビタミンCを積極的に摂取するのも大切です。ビタミンCといえばフルーツに多く含まれています。

もちろん食事は1日3食きちんと取るのが望ましいといわれていますが、これにも医学的な根拠があるのです。食事を抜くと集中力が落ちてしまい、失敗や栄養が足りずにイライラや情緒不安定につながります。

運動や食生活を意識するあまりそれが逆にストレスとなる場合もあるので、お腹がすいたらつまみ食いをする自分を笑って許してあげるようにしましょう。

特に疲れたときには糖分が必要といわれていますが、チョコレートを一つ食べるだけでも脳に糖分が運ばれるので仕事の効率が上がる場合も多々あります。

眠気を覚まそうと思ってコーヒーばかりを飲んでいてはカフェインの過剰摂取になるのでできるだけお茶や水とチョコレートなどを食べるようにして、上手に糖分を摂取するのも仕事の効率を上げるためのコツとなります。

食事にも気を付けて健康な毎日を心がける事が心身症を遠ざけるために必要不可欠なのです。できるだけ無理なく健康で楽しく毎日を過ごせるようにしましょう。

Category: archive