心身症の症状は心だけじゃない!胃やお腹が痛い人は必見!

朝、仕事や学校に行こうとすると腹痛がしたり下痢が続いてトイレから出られないという人をまれに見かけますが、これらの症状があるのに検査をしても異常がない場合は過敏性超症候群の疑いがあります。

以前は過敏性大腸炎などと呼ばれていましたが小腸や十二指腸にもストレスを起因とする異常をきたす場合があるので総称として過敏性腸症候群と呼ばれるようになりました。

この病気は20代から40代の男女共に発症する人が多く、最近では若年化も進んでいて学生でもお腹が痛くて学校に行けないと訴える事がしばしばあります。

まずこの病気の特徴としては検査をしても異常がなく、感染症などの疑いもないのに下痢が止まらない、お腹が痛いなどの不調を訴えるのです。

消化器科を受診する人の3分の1はこの過敏性腸症候群を訴える人がいるといわれています。

この病気の原因としては野菜不足など栄養バランスの乱れから消化器官の運動異常や知覚過敏がありますが、一番はストレスなどの心理的異常が多いとされています。

潜在的に仕事に対してストレスを感じていて家を出る前や会議の前にお腹が痛くなるというのもこういったストレスに対応できなくなった場合がほとんどでしょう。

またストレスが原因となる不調は腸だけではなく、胃にも現れます。

ストレス性胃炎や逆流性食道炎を訴える患者の中には職場や家庭にストレスを抱えていて、そのストレスから胃酸が出過ぎて胃潰瘍や胃炎、またその胃酸が食道に逆流するなどの現象がみられます。

これらの症状が慢性化すると胃壁や食道に傷がついてしまい、胃炎を発症しやすくなったり感染症にかかりやすくなるというリスクもあります。

ストレスと身体は実に密接なもので、自分では意識していなくても慢性疲労や肩こり、腰痛の原因もストレスが大きく関係していることも多々あります。

こういった胃や腸に異常をきたして内科や消化器科に何度も通う人はやがて心療内科へ行く事を勧められる場合もあります。

しかし心療内科へ行くのに抵抗がある場合は労働局や都道府県の役所が管轄する健康保健センターや心の相談窓口で無料で相談できますので、そういった窓口で専門家の意見を聞くのも大切です。

こういった体調不良の原因として根底にうつ病などの気分障害が隠れている場合もあるので、長期化する場合は要注意です。

ストレスが原因となる体調不良を発症する人の特徴としては気が弱く自分の意見を述べるのが苦手な人や感情を表現するのが苦手な人、またストレスをうまく解消できない人や心優しくてまじめな人などが多いとされています。

しかしどんな人でもストレスを溜めると身体に不調をきたすのは同じこと。整腸剤や胃薬でごまかすことができても根本的なストレスに効く安定剤や抗不安剤を服用しないといつまでもこういった痛みを繰り返してしまう場合もあります。

リラックスするためにも安定剤などを一時的に服用し、ゆっくりと休息を取って体内の疲れを十分に解消し、また健康を取り戻すことが何よりも効果的なのです。

Category: archive